食べるマスク、人混みでの効果は?!実験結果

2017年2月9日

スポンサーリンク

先日の日曜日は、1日中人混みの中にいなければならなかったため、食べるマスクがどれくらいの効果があるのか試してみました。

 

朝1つ、昼ごはん後に1つ、食べるマスクのタブレットを食べました。

これです。

 

 

結果!

風邪は引きませんでした!!

 

良かった良かった。

 

 

マスクって、息がし辛いのと、メガネが息で曇るのが難点なんですよね。

結局鼻の部分のマスクをずらして、口だけしかマスクしてなくて意味がないというか。

 

これからは、この食べるマスクで、通常のマスクの代わりになってくれる、かな。

 

 

風邪は引かなかったんですけどね。

女性の日とかで無理しまくったのがいけなかったのか、月曜日の朝、めまいで起き上がることすらできず、倒れました。

食べるマスクの関係性はなし。

ただの無理がたたっただけです。

 

子供たちとお昼寝をグッとできたのが良かったのか、夕方には動けるようになりました。

 

月曜日、上の子が幼稚園楽しみにしていたので、旦那が送り迎えしてくれて、本当助かりました。

私だけだったら、上の子の送り迎えができずにお休みさせないといけないところでした。

 

 

もうすぐ、上の子が冬休みに入ります。

冬休みはまだ旦那の休みが重なるので、気持ち楽です。

 

上の子は、なぜか冬休みになると雪が降ると信じてやまず、

「冬休みになったら、雪だるま作るんだー!」

と言いまくっております。

 

娘よ、ここの地域は、1年に数回雪が降るかなって地域だから、

たぶん冬休み中に雪は降らないと思うよ、母は。

降っても積もることは稀だし。

 

「冬休みに雪だるま作れなかった。。。」

としょげる娘の姿は見たくはないけど、雪が降ると丘の上に引っ越したので怖いんですよね。

いつかは雪が降って積もるんだろうけど、まだ良いやと思うのは、大人になった証なのでしょうかね。

 

 

 

 

スポンサーリンク