タッセルをレース糸20番で手作りしてみた、めっちゃ簡単!でかわいい

スポンサーリンク

タッセルを手作りしてみた、ダイソーのレース糸20番使用

この前お散歩用斜めがけポーチを帆布生地で手作りしました。

最近暑くなってきてリュックでは暑いから。

 

で、なんとなーくシンプル過ぎるので何かアクセントが欲しいな、と思って、タッセルを試しに作ってみることにしました。

何で作ろうかなーと思いつつ、家にある材料で1番コスパが良さそうなダイソーのレース糸20番を使うことにしました。

ダイソーのレース糸20番なら色もいろいろあるし。

(我が家の刺繍糸はDMCとかの高い刺繍糸ばかりだし、最初なので安い材料で。)

こんな感じのレース糸です。写真は黄緑色。

 

作ってみたタッセルのがこちら。

色が分かりにくいですが、レース糸は真っ白を使いました。

ビーズは緑系。

 

タッセル、作り方メモ

YouTubeでタッセルの作り方を参考にしつつ、適当にその辺りにあった厚紙(たぶん何かのゴムに入っていた厚紙)を利用。

レース糸を適当に巻いて、切って、同じレース糸で上の部分を結ぶ。

上から約1cmくらいの位置に同じレース糸をグルグル巻きつけて結びつけます。

タッセルの巻きつけた糸をいつ切るか時によりけり。横を結んでから巻きつけた糸たちを切ったり、切ってから横を巻き付けたり。どっちがきれいかはまだ不明です。

私はこの時結びつけた糸もタッセルの糸の中に混ぜちゃいました。針で中に入れて。なので最初長めに糸を取りました。

 

タッセルの糸の長さを切って揃えます。

 

最後、上の部分の飾り付け。

適当に家にあったビーズを取り付けてみました。あら、かわいい。

 

なんかレース糸2本では耐久性に不安を感じる自分ですが、何気にかわいいタッセルの出来上がりです。

最後は上の2本を結んだだけです。

 

子どもたちのリクエスト、タッセル

私のタッセルを見て、「欲しい!」と言う我が子たちに作りました。

上の子は青系をリクエスト。下の子はピンク。

出来上がりはこんな感じ。

 

写真ではわかりにくいですが、左は水色系の段染めレース糸を使用しました。

 

ハートのビーズはなぜか家にあって子どもたちがおもちゃで使っていたもの。(たぶん昔手芸屋さんでビーズをカップに入れて購入できるやつで買った中にあった。)

 

タッセル、作るのときの注意点

下の子用ピンクのタッセルが少しもっさりしてしまいました。

原因は、糸の巻き過ぎ!

 

タッセルって、糸の太さに合わせた巻き数じゃないともっさりするんですね。

上の1センチくらいの部分のおさまりが悪くてちょっと波打ってしまいました。

ちょうど良い巻き数、むずかしいです。

 

タッセルは簡単!アレンジできるのがおすすめ

タッセル作り、めっちゃ簡単でビックリしました。

横の結ぶ部分に装飾したりとか、上に装飾したりとか、タッセルの素材を皮にしたりとか、アレンジが自在で自由なのが良いですね。

 

簡単過ぎて使うつもりもないのに量産してしまいそうです。

スポンサーリンク