アベノマスクの再利用方法、リメイクを考える

スポンサーリンク

アベノマスクについて、サイズとか、解体してみた

上の子が小学校の登校日にアベノマスクを一枚もらってきました。

透明な袋に入っています。

へー、これが噂のアベノマスクかあ。

確かに子どもならピッタリサイズかもしれないけど、大人じゃ小さいかな。

横幅が12、7mくらいで、縦幅が9、2cmくらいでした。

 

洗ってみたアベノマスク。

特に縮んだりはしませんでした。

糸ほつれが下に見えています。

中はと言うと

 

こんな感じで、切れっぱしがそのまま見えております。

解体してみましょう。

アベノマスクの裏側。

左側でミシンで縫いとめてあります。

 

アベノマスクの片方の糸を取ってみた。

そして両側の糸を取ってみたのがこちらの写真。

横に三つ折りにされていました。

マスクのゴムは貴重なので、別途マスク用ゴムとして使用させていただくとして。

 

アベノマスクを解体して広げてみました。

アベノマスクは、噂通りダブルガーゼではなくシングルガーゼでした。そして肌触り悪すぎ。ゴワゴワします。

 

二つ折りにしてみました。

二つ折りにして、横幅約31cm、縦幅約25cm。

なので、アベノマスクを解体した一枚のサイズは横幅約62cm、縦幅約25cmです。

 

アベノマスクの再利用方法、リメイク何にするか

よくYouTubeなどで、「アベノマスクを立体マスクにリメイクしてみた」とか聞くのですが、個人的にはこのゴワゴワな肌触りのガーゼを口元でずっと当てておく気になれないのです。

で、考えたアベノマスクの再利用方法は、

  • ハンカチにしてしまう
  • 刺繍用の布として使う

の2択かなあ、と思いました。

 

ハンカチにして、レースでエンジング網みしたり、何か刺繍したりしたらまだ使えるんじゃないかな、と期待。

白色の布だし、刺繍用布としてつかえないかな?とも思うのですが、薄過ぎるかも。あと伸縮し過ぎるかも。

 

まだ郵送ではアベノマスク届いてないのですけど、届いたらマスク欲しい誰かにあげようと思います。

想像以上に生地の触り心地が良くありませんでした。これが税金が大量投入されたアベノマスク。。。

どっかの自治体みたいに手作りマスク買います→必要な人に売ります、で良かったのに、無駄と言うか何と言うか。

スポンサーリンク