オーガンジー刺繍にチャレンジしてみた、難しい、図案は何で書く?

スポンサーリンク

あたらしいこころみとして、オーガンジー刺繍にチャレンジしてみました。

オーガンジー刺繍とは、薄っいスッケスケのオーガンジーという記事に刺繍をすることを言います。

 

試作品。

 

刺繍は何度かやってきたけど、オーガンジーは薄いので勝手が違う。

本当は、下のビーズ部分は刺繍で覆う予定だったのが、うまくいかずビーズでごまかしました。

 

何がオーガンジー刺繍で難しいかがいまいちよくわからないけど、やっぱり刺繍するとじは図案を書いてからの方が良さそう。

(けっこうフリーハンドならぬ図案書かずに刺繍してしまう人な私。)

 

しかし、オーガンジーって何で図案書けばいいんだろう?

鉛筆?チャコペンシル?

時間が経つと消えるペンは、生地によって色落ちしてくれるのであまり使いたくは無い。

 

オーガンジー刺繍にビーズを使う作品が多くて謎に思っていましたが、

なるほど、やって見るとビーズで埋めた方が刺繍糸で埋めるより楽!だし華やか。

ピアスのフレームはけっこう簡単に縁取りできたけど、オーガンジー生地とピアスフレームをくっつけた接着剤が針にくっつくのは面倒だったなあ。

 

オーガンジー刺繍はピアスだと裏が見えるので裏の処理にも気を使います。

なのでビーズ1つだけをつけたい時は難しい。

しょうがなく玉結びするしかないのかな。

 

今回は試作品なので、こんなものでしょう。

もう少し、見栄えの良いものをつくりたいです。

 

 

使ったのは、ダイソーのピアス用ラウンドフープです。

100円均一って、本当なんでもありますね。

 

スポンサーリンク