スキビ45巻、ネタバレ感想レビュー ついに告白!?

2020年5月25日

スポンサーリンク

久々にスキップ・ビートのネタバレ感想を書きます。

今日5/20、スキップ・ビート45巻の発売日で、本屋に行けたので購入。

 

スキビ45巻、ネタバレ感想


内表紙が昔のレトロテレビゲームのワンシーンのようでかわいい。ドット絵。

 

勝利者の父

話としては、モー子さんがアメリカに行くよって続きでした。

事務所にて、キョーコにモー子さんが日常英会話ができるように手助けしてあげてね、という話。

確かに英語は実践がなんぼですもんねえ。

 

話の中で、昔マリア誕生日にパーティーしたとき、マリア父を拉致ってきたトラおじさまの正体が明かされました。

以前、雨宮さんが言ってた「勝利の父」Mr.D がトラおじさまでした。

めっちゃ大物!

 

しかも仁子の思い人、セドリック・D・ベネットさんはトラおじさまのお孫さんだそうです。

めっちゃ伏線回収きましたね!!

どーいう関係があるのかと思いきや、ここで関係性が出てくるんですねえ。

 

ボスがその人と電話していますが、やっぱり当然のようにクーたちともトラおじさまは仲良しのようで。

しかし、それだけの権力者の関係者で芸能人両親の子なクオンって、なんかクオンいじめたら裏で干されたりいろいろされそうな環境なんですけども。

いじめた相手も大物がバックにいたのかなあ。

 

番外編から繋がる

別冊花と夢で掲載された番外編(キョーコが蓮の誕生日に何あげたか判明した話)で、モー子さんが蓮を足止めしたシーンからつながりました。

蓮は確かに面倒臭い。否めません。

 

坊、活躍

坊、活躍。

蓮は坊の中身を男性と信じております。そして坊を信頼してますねー。

香凪さんが実は百合な人だとか、自分は虫除けに使われたり当て馬に使われていることを坊にぶちまけます。

 

相変わらずキョーコは蓮の思い人が仁子だと思っていますが、蓮の口から出てくる蓮の好きな人の人柄が仁子とは程遠い印象。当然です。全然違う人だし、むしろキョーコ本人です。ええ。

「疑われてしんどいなら告っちゃえよ。」(要約)

的に蓮に気持ちを伝えるように言う坊。そりゃ解決しますよねー、気持ちを伝えれば。

 

蓮がストーカーからの、ついに告白

坊の仕事を終えて帰るキョーコと蓮が顔を合わせますが、脱兎の如く逃げるキョーコ。追う蓮。

エレベーターの扉をこじ開ける蓮の姿は、まさにストーカー。

そして壁ドン!!

でも全然ときめかない残念壁ドン、というか恐怖の壁ドン。

 

「直接本人にガツンとぶち当たればいいでしょう!!?」「意中の、女の子に告白しようといきごんでいるのでは・・・?」って、キョーコさんそれ坊しか知らないはずでは。

 

キョーコの蓮が好きな子は仁子では?疑惑が晴れました。

仁子の情報操作能力すごすぎ。そこまで頭良いなら営業マンとか向いてそう。(詐欺師とか←本音)

 

そして蓮もキョーコもお互いがすれ違っていたことに気付きます。

そしてキョーコは「え?蓮の思い人って自分?マジで?」と混乱。脳の動きがスリープモード突入、

 

あら、これでキョーコが素直に自分の気持ちを伝えれば両思い?!

そんな上手く行くのか?と疑いつつも、続きは次回!

 

 

スキビ46巻、いつ発売?

続きが気になるスキビ46巻は、2021年初頭発売予定!だそうです。

遠いなあ。

 

スキップ・ビート45巻の巻末予告で、ついにあの人がお目見えです。イケメン。

もしやあの人ってクオンをいじめてた子だったとかないですよね。変に勘ぐりすぎました。

 

今回のスキビ45巻でかなり伏線が回収された感じでかなり嬉しいです。

スキビの舞台はアメリカに移動するんでしょうか。そうするとショータローとかレイノとか出番が減りますねえ。

なんか終わりが近づいてきた感じがするスキビですが、終わるのは寂しいから続いて欲しいなあ。

スポンサーリンク