ルーティンワークな娘たち、こだわり強し

スポンサーリンク

うちの娘たちは、どちらもルーティンワークな女である。

そして、こだわりが強い。

 

「これは自分がすること」と決めたことは、自分でやらないと気が済まない。

親が気を利かせてやってしまうと、「やりたかったのに!!」と、ガチ切れされることもしょっちゅう。

 

 

上の子が本当にこだわりが強かったんです。

特にイヤイヤ期は、「イヤ」とは一切言わなかったけど、「何でも自分で自分で病」が激しすぎて大変でした。

「自分が部屋に入る前に電気をつけるな」とか、細かすぎるんだよ!

 

 

そして、下の子はどうかというと、やっぱりルーティン女だった。。。

椅子と机が一体になった椅子で食事してるんですけど、

こんな感じの。

 

なぜかコップやマグを椅子の机に置かせてくれないんです。

どれだけ机に余白があっても、みんなが使ってる机に置けと言ってきかない。

 

引っ越し前はそれでも自分で届いてたから良かったものの、

引っ越ししてからは微妙に届かなくて、いちいち渡さないといけなくて、面倒が増えました。

良いじゃん、自分の机に置いといてよ、自分のコップなんだからさー。

 

 

さすがに上の子は年少さんになって、聞き分けもよくなってきたのでマシにはなりました。

3歳児検診のときに、

「こだわりが強すぎて困ってます。」

って保健師さんには言ったけど、言ったからって何も対処もアドバイスもなく。

「成長すればおさまるでしょう。」って、そりゃそうなんですけどね。

おさまってきましたけれども。

 

ああ、早く下の子も育っておくれよ。

イヤイヤ期とトイレトレーニングが待ってるけどね。

 

スポンサーリンク