薬はデザート!? 我が家の子どもたちは薬が好き

スポンサーリンク

我が家の子どもたちにとって、薬はデザートです。

よく「子どもに薬を飲ませるのが一苦労!」って聞くし、今日も薬局で「お薬飲めますか ?」って聞かれたし、普通は子どもって薬飲むの苦手ですよね。

 

以前、CMで「おくすり飲めたね」、「らくらく服薬ゼリー」を見かけたときは、「なるほど、子どもに薬飲ませるのに便利だな。」と思いました。

 

 
 

昔は、オブラートでしたよね。

水に触れるとすぐ溶けるから、顆粒の薬がバラバラ出てきちゃったり。

包んだのが大きすぎて、喉につまっちゃったり。

 

カプセルタイプの薬を初めて飲んだときは、「顆粒よりカプセルが良い。なんで今までカプセルじゃなかったのか。」と思ったもんでした。

今ではカプセルも顆粒も何でも飲めますけどね。

顆粒は口の中に薬の苦いのが残りやすくて、今だに好きではないですが。

 

 

我が家の子どもたちは、上の子も下の子も、薬大好きです。

前に、上の子だけが薬を飲んでたら、下の子が「自分には無いのか!」と怒り出したこともあります。

なんでやねん。

飲まなくて良いのが一番良いのに、まったく。

 

 
子どもたちが薬好きだと、非常に助かります。

でも、大抵の子どもが嫌いなので、ママさんたちの苦労話に入れないんです。

今までいろんなママさんたちと出会ってきたけど、子どもが薬好きだってところは1家族だけでしたね。

 

そこもうちも、子どもたちは食べるの大好き!よく食べる食べる。

「よく食べるのは共通だねー。」とよく話していたんですが、たまたま薬の話になって、

「うちは薬はデザート代わりだよ。」と言ったら、「うちも!」と返って来ました。

レアケースが身近にいて嬉しいです。

 
 

なんで薬が好きなのか、母の私にも理解不能です。

基本薄味、というか1歳半くらいまで調味料ほぼなし、その後も基本少量の調味料で育ってきたからかな。

上の子なんて、口の中に粉の薬を袋からダイレクトに入れても、へっちゃらです。

我が子ながら、すごいです。

スポンサーリンク