判断力の低下した高齢者は、車を運転しないでいただきたい!!(怒)

スポンサーリンク

今日、ものすごく怖い思いをしました。

 

スーパーに買い物に行ったとき、立駐に停めようと上って行ったんです。

その立体駐車場は、一方通行の立駐でした。

上りと下りが完全に分離されていて、上っているときに下ってくる車はないはずのところです。

 

4階が満車の表示がされていたので、5階に上がろうと思ったときですよ。

5階から車が下りてくるじゃないですか!

っていうか、一方通行ですよ。上り専用レーンですよ。

クラクションをガンガン鳴らしても、相手は「何が悪いの??」な顔ですよ。

 

相手は、おばちゃん?おばあちゃんでした。

結局はぶつかりたくない私がバックしてなんとか避けて、事なきを得ましたが。

窓開けてめっちゃ注意しましたよ。ええ。

だけどおばあちゃんは、「え?一通???」って感じでわかっていない様子。

 

もう、お願いですから、状況判断がちゃんとできないんなら運転しないでください!!

たとえ車ぶつけられて修理してもらえるとしても、そのやりとりする時間や精神的保障は誰もしてくれないんですから。

マジやめていただきたい。

 

昨日、CBCの「ひるおび」という番組で、高齢者が車の事故を起こす率が増えているということを、実例を挙げてやってたんですよ。

一旦停止無視、信号無視、逆走、などなど。

 

旦那と、高齢者の車の事故が増えてるんだってー、なんて言ってたはなからこれですよ。

まさか自分が遭遇するとは。

 

 

前に、高齢者になりつつある人が、同世代同士で

「車に乗るのが安全か、返納して自転車に乗るのが安全か。」

という談義になったそうです。

人によっては「車だったら自分は守られるから安全。」という意見があるそうですけど、それってよくよく考えると、「他人を傷つける危険を何も考えてない。」ってことですよね。

 

まだ車同士で少し壊れるくらいなら、嫌ですけど、まだマシ。

いつだったか、集団登校中の小学生たちに突っ込んだ車っていませんでしたっけ。

高齢者の車が突っ込んだ横浜の事故ですね。

老い先短い人が、未来ある若者の命を奪うとか、嫌な話ですよ。

 

高齢者の方は、車を運転するときに、自分が他の人の命を奪う危険があるのだということをしっかりと認識していただきたいです。

他人に迷惑かけて車乗り回すのは、本当、やめていただきたいです。

 

ふらふらしながら自転車乗るおじいちゃんたちにもイライラしますけど、今日、車に乗る高齢者が一番の凶器なんじゃないかって思ってしまいました。

 

スポンサーリンク