引っ越し業者に見積もり依頼してみたら同じタイミングで電話がきた、理由

スポンサーリンク

12月に引っ越すことになりました。

 

結婚して8年。

一つのところに3年以上とどまったことがありません。

最長で3年、短いと1ヶ月未満とか。

 

結婚するまでは、平々凡々な人生だったんですけどね。

結婚してから、海外で暮らすことになったり、義実家と同居(という名の居候)させてもらったり、波乱万丈ぎみな人生を歩んでいます。

 

しかも何回も転居している割に、今回初めて引っ越し業者を使います。

やー、すごいですね、引っ越し業者さん。

 

うち、コープを利用しているので、見積もり依頼もコープから依頼したんですけど、

ある時一斉に電話がなりまくったんです。引っ越し業者から。

「なんでみんながこんな同じタイミングで電話をかけてくるんだろう。」

って思って聞いてみたら、

「先ほどコープさんから見積もり依頼のファックスをいただいたので、みなさん即電話をしたんだと思いますよ。」

とのこと。

なるほど。

 

結局、1件目の見積もりで即決してしまったので、他社さんの見積もりは取りませんでした。

そうか、私みたいに1件目で決めてしまう人が多いんだろうな。

 

だから全員が口を揃えて、「今日!今日お伺いしたいんです!」って言ったのね。

だから電話かけてくるタイミングが、依頼があったすぐだったのね。

確かに一番最初に電話くれた引っ越し業者さんにその日にお願いして、即決してるわ。

 

引っ越し業者にとって、一番最初に電話をかけることが、契約に繋がる大きな第一歩ってところなのね。

シビアな世界ですね。

 

ということで、引っ越し作業を進める日々に突入です。

今回の場所は丸3年いれたから、長かった方かな。

次は何年持つかな。

そろそろ定住したい。

スポンサーリンク