香り米、食べた感想、すごい濃い強い匂い

2016年11月11日

スポンサーリンク

知り合いに、香り米を頂きました。

香り米を食べるのも扱うのも初めてです。

 

 

高知県の四万十で栽培された香り米だそうです。

言われなくても、高いお米ですよ、たぶん。

→ 調べてみたら、やっぱり高級米でした。
試しに全部香り米にして炊いてみました。

炊いている途中、何かすごい匂いがキッチンからしてきます。

 

ポップコーンの匂い?枝豆の匂い?

何か独特な、お米の匂いをすごーく濃くした感じ。

 

そうか、これが香り米の匂いなのね。
炊きあがって、炊飯器を開けると、ムワッとすごく濃い匂い。

匂い強いなー。

これは、薄味を味わう料理には向かない気がする。

 

お椀に盛っても、すごい匂いが漂っています。

やっぱり匂い強いわー。

 

食べてみた感想は、匂いは強いけど、味としては普通のお米と変わりませんでした。

そうか、匂いに特化しているのね。

私が味オンチな可能性は否めないですが、味にはこれ!といった特徴を感じないというか、匂いのインパクトに気を取られて味は普通に感じるのか。

 

正直、香り米100%で炊いたお米は匂いが私にはキツすぎて、そこまで美味しいと思えませんでした。

高級米が勿体ない。

 

 

調べてみたら、普通のお米と混ぜて使うお米なんですね、香り米って。

100%香り米でも使えるけど、混ぜて使う方が良さそうです。

 
今度は、1合香り米、4合普通のお米で混ぜて炊いてみました。

やっぱり炊いている間、キッチンから匂いが。

まだ100%香り米よりは柔らかい匂いというか、マイルドというか。

 

 

食べてみたら、おお!食べれる!

少し匂いの強いご飯って感じで、苦手意識はなし。

 

 

冷蔵庫で冷やしたご飯を翌日食べたのですが、匂いは少し残ってて、
「ああ、これ香り米混ぜたわ。」ってすぐわかります。

炊飯器で夜炊いたのを昼まで保温して食べたら、香りはほとんど消えてました。

 

高級米の香り米。

うーん。

もともと私は匂いに敏感な方で、旦那の少量の香水も少し苦手なので、香りが強すぎるのもいただけないものなんだなー、と思いました。

こればっかりは、個人差、好みですね。

 

たぶん、慣れたら普通米が物足りなくなるのかな。

スポンサーリンク