子どもの前歯が生えてこない時の対処法に驚いた

スポンサーリンク

子どもたちの歯の定期検診に行ってきました。

下の子の奥歯右上に小さな虫歯っぽいのがあると言われて凹みました。

5月の保育園の歯科検診も、区役所の3歳児健診のときの歯科検診も何もなかったのに、

そんな3ヶ月弱で虫歯になりますか、そうですか。。

 

現在は進行止めの薬を塗って様子見です。

週明けにまた歯医者です。

 

 

上の子の前歯が、下の歯は生えてきているのに、上の歯がさっぱり生えてこない。

3月上旬には前歯上の片方が抜けて、その後歯医者行ってからもう片方も抜けたんですけど、

8月に入ってやーっと薄っすら見えてきたなー、程度。

もうすぐ半年経ってしまいます。

 

上の子は前歯がなくて食べ物が食べ難い状態がずーっと続いています。

幼稚園のイベント写真も一学期は全部歯抜け。

 

歯医者さんに、「歯茎が硬くなっているために前歯が出にくくなっています。」と言われました。

以前、前歯がグラグラになった時にレントゲン撮ってもらっていて、前歯上の大人の歯がスタンばっているのは確認済みだったのでそこまで心配してなかったのですが、

やっぱり約5ヶ月大人の歯が生えてこないのはどうかと。

 

歯茎を切ればすぐ生えてきますよ、とのことで、切ってもらうことにしました。

前歯が生えてこない時の対処法は、なんと歯茎を切る!でした。(歯茎が硬くなっていた上の子の場合)

物理的に切って出しやすくするんですね。ビックリです。

 

軽く歯茎に麻酔。

麻酔の注射が痛くて暴れる上の子。

いや、麻酔しないともっと痛いから。頑張れ。

 

さすが麻酔。

歯茎を切って血が出ても痛くはない様子。

しかしやはり感覚は残るもので、施行中は周りにいる方々で上の子を抑えましたよ。

耳鼻科、眼科に引き続き、暴れる暴れる。

 

ガーゼ噛んで止血して、終わり。

消毒用のうがい薬を手渡され、食後とかにくちゅくちゅしてねと言われました。要は、傷だから、と。

 

ちなみに、前歯の生え変わりが早い上の子のですが、6歳臼歯はまだまだだそうです。(レントゲン撮った。)

6歳臼歯って、普通は左奥下から生えてくるんですって。

虫歯にうっかりなりやすいらしい6歳臼歯なので、出てくるのを見逃さないようにしなければなりません。

 

上の子も前歯の歯茎を切った後、前歯が生えてくるかのチェックのために週明けまた歯医者です。

2人同時でいけるのは楽なんですけど、下の子の虫歯は本当に凹んでます。

上の奥すぎて見えないし、しっかり毎日磨いているのになあ。

 

スポンサーリンク