うーたんのあみぐるみ、かぎ編みで手作り

2016年11月9日

スポンサーリンク

だいぶ前、かぎ針編みにはまり始めたころに、編みぐるみに挑戦してみました。

 

Eテレ「いないいないばあ」のキャラクター、「うーたん」です!

utan

 

なかなか上手に出来たと自画自賛。

初めてかぎ編みであみぐるみを作ったわりには、上出来でしょう。

作って数年たちますが、いまだ現役で娘たちのおもちゃとして活躍中でございます。

 

これ、どこかのブログで書かれているのを参考に作りました。

今回ここにアップするために、そのブログを探したのですが、今は削除されているようでした。

残念。

全部細編みで編んでいるのですが、そのブログに何段が何目編むのか簡単に記載されていたのです。

 

実際にかぎ針で編んだものを確認した作り方をザックリと書いてみる。

<ざっくりとした「うーたん」作り方(編み方)>

頭の部分は、編み始め6目で輪にします。

あとは増し目をして増やしていきます。

11段目から15段目まで増し目なしで、16段目から減らし目で球体を作っていきます。

 

耳のマラカスも、足も、手も胴体も、編み始め6目で輪にしてました。

 

目とほっぺと胸の丸いのはフェルトです。

口と耳の緑は毛糸で刺繍、耳のお花は毛糸でお花を編んで縫いつけました。

耳のお花もフェルトでも良いと思います。

 

このうーたんは、アクリル毛糸で作りました。

確か5号かぎ針だったはず。

以上、ザックリし過ぎな作り方でした。

 

 

大きさ比較

image

 

これは、今現在のうーたんあみぐるみ。

左側は除菌シートケース、右側は子ども用歯磨き粉です。

一番最初のうーたんあみぐるみは、作った直後のものです。

胸のボタン?が取れてますが、まだまだ遊べます。

 

スポンサーリンク