87歳加害者の池袋交通事故から妄想してしまう復讐話

なんかアメコミの世界のようだと思いつつ。

 

ここからちょっとした妄想話。

ーー

ある日、愛する妻と最愛の娘が死んでしまった。

突然、交通事故だった。

 

しかし、加害者は権力者で、逮捕されなかった。

マスコミにも大きく取り上げられた凄惨な交通事故。

明らかに相手が100%悪いのに、加害者は「容疑者」とさえ呼ばれなかった。

 

数日後、同じような交通事故の加害者は即逮捕だったに。

なぜ。

なぜ、危険だとわかっていながら運転をして、人を殺しておきながら加害者は逮捕されないのか。

権力者、上流国民だからか。

 

そして、復讐を生きる力に変えるのだった。

ーー

 

何か、あの池袋の87才が自転車に乗ってた親子を殺した事件のニュースを見て、

自分が夫だったら復讐をしたくなるなあ、と思ってしまったのでした。

加害者が87歳なので復讐するまえに死にそうなのが欠点と言えば欠点な妄想話。

 

 

写真やニュースで事故現場を見ましたけど、

どうやったら、頑丈に作られているあの子乗せ自転車を前後真っ二つにぶった切れるのかのナゾ。

100kmくらいで突っ込んで行ったらしいけど、親子部分にダイレクトに突っ込んで行ったのかな。

 

けっこう、自転車に子ども乗せて移動する頻度が高いんですけど、

こんな事故、ヘルメット被ってても無理無理。

 

せめて、お金じゃないのはわかっているけど、被害者の旦那さんが慰謝料?賠償金?沢山もらえると良いな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常未分類
母となり
タイトルとURLをコピーしました