映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を観た

アマゾンビデオのプレミアム会員のラインナップに

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

があがっていて、

これって映画化されてたんだー、と思って見てみた。

 

以前、元スレのまとめを見たことがあったので、どんな風に映像化されたのか気になって。

 

 

以下、ネタバレ感想。

 

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない、感想、レビュー

なんか、大衆向けにわかるようにまとめてみました、って映画だった。

 

はっきり言って、元スレの良かったところが切り捨てられてる。

 

まずもって、あれはブラック会社に勤めているスレ主が、とあることがきっかけで退職しようと思い、書き込みを終えたら退職するつもりだった。

けど、書き込みを続けていく中で、続きが見たいと言う住人たちや、叱咤激励、いろんなコメントを受け、

某掲示板上とはいえ自分が必要とされていることに気付いて、退職せずに会社に残る決意をする、

ということが大筋。

 

なので、職場でのあれこれはもちろん必要なんだけど、”スレ主である主人公が、某掲示板上の住人たちから励まされて退職をするのをやめた”という事実が、映画ではさっぱり描かれていない。

この事実が欠落してる時点で、ブラック会社を肯定しているかのような映画に成り下がっている。

 

スレ主はブラック会社を特に肯定も擁護もしているわけではないと思う。

ただ、ブラック会社に勤めていて、やめようとしたけど続けることにしたってだけだと思う。

 

配役について

配役ミスかとも思う。

 

・主人公

スレ主は、確かに真面目だろうけど、毒があるというか、シニカルなところがあると思う。

書き込みで面白いと思う一つは、会話掲載後の一言ツッコミだと思う。

 

小池君だと、純粋すぎてつまらない。

真面目なのはいいけど、もっと毒っ気というかツッコミ属性が必要でしょう。

 

 

・井出さん

なんでこんなロン毛な胡散臭いおっさん?

 

坊主頭のお調子者なはずなのに、全然イメージと違う。

しかもガンオタでもないし、ガンダムネタは途中から出てくる映画では出演なしの竹中君でしょう。

 

仕事はできないがコミュニケーション能力がある?って特性が全然活かされていない。

 

 

・経理?のおばちゃん

映画のオリジナルキャラ。

領収書を受理しない役所なんだけど、そもそもなんでデスマ中にもいて作業してるんだろう。

普通領収書とかの処理は経理か総務じゃないのか。

経理や総務は開発のデスマは関係ないし、あのおばちゃんは何?

昔、プログラマーも総務も経験したことがあるので、おばちゃんの業務内容が不思議すぎる。

 

男所帯に紅一点で中西さんが入ってくるから華やぐのに、おばちゃんとはいえ女性が最初からいたのではお話にならない。

 

領収書を受け取らないシーンを見せて、ここはブラック会社なんだよーと印象付けたかったのだろうか。

そんな無駄な描写付け加えなくても良かったのに。

 

・その他

リーダーが品川さんなのは、今更嫌われ役しようが別に大丈夫でしょってところなのかな。

その他はあんなものかと。

しいて言えば社長がイメージじゃなかったけどありっちゃありかな。

 

 

 

ストーリーについて

中西さんが常識人ではなかったのくだりは、なんであんな描写になった?

くそ忙しいときに恋愛事情を持ち出して仕事に支障がとか相談に来たがゆえに、スレ主に常識人ではなかったと言わしめてしまうだけで、そんな変な人じゃなさそうなのに。

元スレでは告白して玉砕後は去ってったよ。

なんか女性を変にディスっるんじゃないかって思って少し不快だった。

 

 

藤田さんが空気すぎる。

主人公が中卒だってことが周りにバレて荒れた時に、主人公をいさめるカタチで本人の口から藤田さんの過去が語られるからこそ、主人公と藤田さんの絆?が深まるのに。

なんで中西さん経由での過去話暴露なのさ。

いやいや、元スレでは中西さんには一切過去の話してなかったよ藤田さん。

 

 

木村君は新卒で入ってきたからこその人物だろうに、なんで大手から転職した中途ってことになってるのさ。

そんなもん主人公の脅威にも何にもならないじゃん。

新卒の後輩がメキメキ力を付けていくから脅威なんだし、ツンデレ?具合も発揮されるのに。

時間の経過なんて、テロップで「数ヶ月後」とか出せば良かったんじゃあと思う。

 

 

主人公が出身地が早稲田だというのが、早稲田大学出身だったと勘違いされるくだりはハッキリ言っていらない。

 

みんながアイマスク使って休憩してるのは、映画を使ったアイマスクの広告かCMか。

 

そういう役所なのはしかたないけど、リーダーうざい。。。

 

まとめ

旦那の職場の方は、この映画は良かったとの評価だそうです。

 

元スレ見たことのある私には、受け入れられない映画だった。

ないわー。

 

映画見た後改めて元スレを見たけど、全然違う。

映画は、コメディにしようとして失敗してる感がある。

元スレの良さが映画では失われてる。

ちゃんと某掲示板上住人とのやりとりも入れて欲しかったな。

 

そうそう、映画の最後の社長の一言。

元スレ改めて見てたら、なるほど。

スレ主を採用した時の社長の心の声を、誰かが憶測して書いたコメントが大元なのね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レビュー、感想
母となり
タイトルとURLをコピーしました