スキップ・ビート43巻、ネタバレ感想

スキビ43巻が発売されて、読んだのでネタバレ感想。

最初に一言。

「いつになったらホワイトデーネタが回収されるんだー!」

 

 

ということで、43巻ではまだ蓮がキョーコに何をホワイトデーの返しとして用意しているのかしていないのかは不明です。

 

 

さて、43巻冒頭いきなりキョーコが紅葉役決だというシーンから始まります。

でも千鳥はモー子さんではない人に決まってしまいました。

当然気を使うキョーコ。

 

事務所で時間を潰す蓮に声をかける貴島さん。

良いよ良いよそのまま蓮の友だちになってやってください。

 

キョーコが、スキビ内で1番と言っても良いほどのピンチにみまわれています。

って言うか犯罪じゃん。

そしてここで途切れて、月またぎ。

 

仁子とそのマネージャーに襲われたキョーコさん、

助けてくれたのは社さんと、仁子を張っていた高園寺さんでした。

危ない。そして仁子とマネージャー怖すぎる。

 

蓮は蓮で年上美人さんに美味しくいただかれてしまっていますが。

大人な世界ですねー。

あ、でも蓮は何人か経験あるから今更ですね。

 

しかし、仁子は末遅しく知恵が回ると言うか、己の欲望に実直と言うか。

まあ、これだけの証拠固めをされたらしばらくは日本では動けなさそうですね。

仁子が頭を下げさせたかった、呉前Pがモー子さんに頭を下げています。

43巻ではどんな役を呉前Pがモー子さんにお願いしたかは不明なんですけど、どんな役でしょう?

 

ながれからキョーコの手作りお弁当を公園で食べる、キョーコ、社さん、蓮。

1連の流れで赤面せずに蓮に「最低ですね。」と言い切るキョーコさんは、常人じゃないのか、乙女なのか。

すれ違う2人?

ここでホワイトデーのお返しが出てくることを期待したんですけどねー。

 

巻末にちらっとショータロー登場。

コミック最初と最後の小さなクオンが可愛すぎです!

 

ということで、まだまだスキビは続きます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レビュー、感想
母となり
タイトルとURLをコピーしました