母の日に、カーネーションをかぎ編みで手作り

少し前に母の日がありましたね。

私も母の立場ですが、まだまだ実母も義母も健在なので、母たちに何を送るか、毎年頭を悩ませています。

幼稚園のママさんたちも、母の日どうしようと悩んでいたので、皆悩むんだなーと。

 

今年はどちらも手作りでいくことにしました。

で、どうせならとカーネーションも手作りしてみようと、かぎ編みで手作りしてみました。

 

こんな感じに仕上がりました。

image

 

 

カーネーション作り方(かぎ編み)

1、鎖編み6目で輪にして引き抜き編み

2、輪に細編み14目

3、細編み1目に対して長々編みを3目編んでいく(最初は立ち上がりがあるので長々編みは2目)

4、編み終わったら最初の立ち上がりに引き抜き編み

5、鎖編み3目ずつで縁を編む

6、最後糸を切るときに、長めに糸を残しておく

 

これがカーネーションの上の部分。

次、下の部分。

1、鎖編み6目で輪にして引き抜き編み

2、輪に細編み14目

3、細編み1目に対して3つ巻き長編みを3目編んでいく(最初は立ち上がりがあるので長々編みは2目)

4、編み終わったら最初の立ち上がりに引き抜き編み

5、鎖編み3目ずつで縁を編む

 

上と下が編み終わったら、中心部分の鎖編みのところを縫い合わせてきます。

この時、上部分の長めに残しておいた糸を使います。

 

これで完成!です。

 

一応、手書き編み図。

image

 

 

 

始めて3つ巻き長編みをしましたが、なかなか面白かったです。

今回使ったのは、コットン糸のかぎ編み3号用の毛糸です。

いい感じにふわふわしてくれています。

 

ただ、かなり割れやすい毛糸だったので、3つ巻き長編みするには割れまくって少し手間取りました。

 

もし緑色の毛糸があれば、額の部分をつけても良いですね。

私はこのまま裏に両面テープ貼って、手作り品入れた袋にリボンよろしく貼っちゃいました。

造花用の緑色のワイヤーで花っぽくしても良いかもしれません。

 

 

以前、コイル巻きでお花のコサージュを作ってみたことがあるのですが、

こういう巻き巻き系の編み物はレース編みには向かないのかもしれないと思ったことがあります。

なんか、レース編みだときっぱり編み字が見えてしまうのか、ただ私が下手なだけなのか、かぎ編みだとまあまあだったのに、レース編みしたらなんかなー、となったことがあって。

 

毛糸選びもなかなか難しいものです。

 

赤ちゃん用にと、コットン毛糸やオーガニック毛糸を購入して使うことも多いんですが、

それらの糸はなーんか割れやすいんですよ。

安いからかしら。

 

レース編みは毛糸が割れることがないから好きなんです。

細いけど。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鍵編み
母となり
タイトルとURLをコピーしました