使用しているかぎ針はエティモ、だけどペンEも魅力的

私は、かぎ針はエティモを使っています。

最初は、市販の両側にかぎ針が付いてる金属だけの安いやつを使ってました。

どこまでやり続けるかわからなかったから。

 

 

だけど、予想外にかぎ編みにはまったので、お小遣いを貯めてちょっと良いかぎ針セットを買うことにしました。

いろいろレビューを見て、迷ったのは、エティモとペンEの2つ。

予算は5千円前後。

 

悩みに悩んで、エティモにしました。

エティモは、ケースが可愛いですね。

かぎ針が2号から10号まで8本入ってます。

かぎ針を入れるところが10本分あるので、今は最近買い足したレース針を収納しています。

こんな感じ。

image

 

 

エティモを使ってみて、

「なんかあまり金属だけのかぎ針と変わらないような、そんなに言うほど楽か??」

と最初は思いました。

私の握り方のせいなのかもしれませんが。

その後、6号とか7号とか太いかぎ針を使ってみたら、使いやすい!

私には、エティモは太いかぎ針が使いやすくて楽です。

最初に使ったのは3号だったのですが、グリップが、太いかぎ針より細くて物足りなかったようです。

 

私はよく3号か5号を使うので、細い号数でもグリップの大きさを太くしてくれてたら良かったのにと思います。

ペンEにしなかったのは、握るところのパーツが使い込むと取れるという口コミを見て、それは嫌だなーと思ったからなのです。

しかし、今となってはペンEが気になる気になる。

買い換える気はないのですが、ペンEの使用感が気になるだけなのです。

アミュレとか、かぎ針にもいろいろ種類がありますけど、やはり人それぞれ使いやすさは違うようですね。

 

ちなみにmケースの裏はこんなの。

image

 

畳むとコンパクトになります。

image

 

 

そうそう、エティモのかぎ針セットで良かったのは、ポケットとハサミです!

ハサミ、すごい切れ味が良いです!

私の糸切りバサミが切っても切れ味悪すぎて終わってる感じなので、すごい助かりました。

 

ポケットは、とじ針と、小さな作品を入れたり、いろいろです。

ちょっとしたものをヒョイっと入れておくのに便利なんです。

 

ペンEのセットは、ケースが少し残念そうだったのもやめた一つの理由だったりします。

うーん。

どっちもあるのが理想ではありますけどね、贅沢な理想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鍵編み
母となり
タイトルとURLをコピーしました