「それなーにー?」攻撃には、タッチペンの図鑑が有効!(我が家はアンパンマンおしゃべりいっぱいことば図鑑)

最近、下の子が

「それなーにー?(これ何?)」

と聞いてくることが多くなってきました。

 

以下、最近よくある会話。

娘「それなーにー?」(私が持っているものを指差している。)

私「人参だよ。」

娘「にんじんかー。、、、、それ、なーにー?」

私「だから人参だよ。」

娘「にんじんかー。」

娘「、、、それなーにー?」

私「だから人参だってば。」

 

納得したはずなのに、1秒も待たずしてまた聞いてきます。

好奇心旺盛なのは良いんだけどさ、一回で納得しておくれよ。

 

 

そう言えば、上の娘も2歳前はずーっと

「これなーにー?」「それなーにー?」

の連続でした。

下の子なんて比じゃないくらい聞かれてました。

 

そして辟易した私は、誕生日プレゼントにぜひ

”タッチペンで本の絵を押すと話すやつ(りんごの絵を押すとタッチペンが「りんご」と話してくれる)”

を購入してくれるよう義両親にお願いしたのでした。

 

そうか、下の娘は最初からそのタッチペンのやつを使ってるから

「それなーにー?」攻撃が少ないのかも。

 

 

当時、かなり下調べして、「アンパンマン おしゃべりいっぱいことば図鑑」を買ってもらいました。

 

当時はあまりキャラクターものって好きじゃなかったんですけど、

このことば図鑑、すっごい良いです!

図鑑自体は紙みたいなのに、タッチペンで絵を押すとタッチペンが話すんです!

 

しかもアンパンマンのやつだから、アンパンマンや他のキャラククターも話してくれるんですよ。

普段から馴染みのキャラの声で

「りんご」とか「滑り台」とか言ってくれるので、耳馴染みが良いです。

 

上の子は最初クイズとかがさっぱりわからずで、絵柄を押しても

「違うよ。」

とか言われてイライラしていたので、最初はクイズとかの部分はマスキングテープで塞いでいました。

今は好んでクイズやってたりします。

 

種類が色々あるのですが、英語を話す図鑑もあります。

我が家のことば図鑑は英語も話します。

タッチペンに「日本語」か「英語」かの選択ボタンがついています。

 

案外、英語モードを好んでやってたりします。

そして、ネイティブが発音しているのでしょう、発音が綺麗です。

ただ、キャラクターを英語モードの時に押しても日本語になります。

当然と言えば当然ですが。

もちろん英語モードも日本語モードも反応速度は同じでスムーズです。

 

あと、自動で電源が切れるもの助かっています。

放置して数分すると、ペンからアンパンマンの声で「バイバイ。また遊んでね。」とか聞こえてきてオートで切れるんです。

まあ、下の子はこの声にびっくりして泣き出すことがたまーにあるんですけどね。

 

楽器のページに行くと、アンパンマン体操の歌が流れるところがあったり、

楽器をタッチするとその楽器の音でドレミファソラシドを弾いてくれたりします。

一時期、上の子はこの楽器のページばっかりな時がありました。

本当、よくできています。

 

 

いやー、上の子の時にこのことば図鑑のおかげで、「それなーにー?」攻撃を回避できましたよ。

「アンパンマンに聞いてごらん?」

って促すと、しばし集中してくれるので楽でした。

 

問題は、このアンパンマンおしゃべりいっぱいことば図鑑は値段が高い!ということでしょう。

義実家さまさまです。

 

2歳の誕生日に買ってもらって、今年5歳なので、もうすぐ3年くらい使ってますけど、

全然壊れることなく現役です。

2歳で早いかなと思っていたら、下の子なんて1歳8ヶ月くらいには使い始めていたので問題なしでした。

 

 

そうそう、このことば図鑑、表紙をタッチしても何かしら話してくれるのでびっくりしました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
母となり
タイトルとURLをコピーしました