虫除けリングが女の子のアクセサリーアイテムと化している

上の子の幼稚園で、ある子が「これ見て!」と腕に何か輪ゴムのようなものをつけていたのを見せてくれたことがありました。

なぜに幼稚園に輪ゴム???

とハテナが飛んでいたのですが、薬局に行って判明。

 

輪ゴムの正体は、これでした。

 

虫よけリング!

へー、今年はこんな可愛い虫よけリングが発売されてたんですね。

 

 

こういうシールタイプの虫よけがあるのはよく見かけていましたが、

リングタイプで可愛い形になっている虫よけは初めて見ました。

 

 

上の子と一緒に薬局に行ったら、上の子がすかさず「可愛いカタチの虫よけリングが欲しい!」と言い出した。

仕方がないので購入しましたけど、開けてみたら虫よけリングめっちゃクサい!

否、ニオイはそれほどクサいわけではないんですけど、香りがすっごい強い。

不快感のないニオイなんですけど、とにかく強烈。

 

上の子は毎朝「どの絵柄の虫よけリングにしようかな。」とウキウキで選んでいます。

もはやアクセサリー感覚です。

そりゃ、幼稚園の子がドヤ顔で見せてくれるはずですよ。

 

 

その香りの威力は凄まじいものがあり、朝つけて3時過ぎに帰ってきても、

家の密閉した部屋でつけているとまだニオイが強いです。

 

効果のほどは、一度蚊がいっぱいいたときに、私と下の子は刺されたのに、虫よけリングをしていた上の子は刺されなかったことがありました。

なので、虫よけリングは蚊よけとして効果ありの模様。

 

 

余談として、下の子もしたいと言うので保育園につけていったら、

いつのタイミングかはわかりませんが、外されていました。

「リング、連絡帳入れに入れておきました。」と言われ、そうか保育園では外されてしまうのね。

そりゃ、あれだけクサいリングつけてご飯やおやつ、お昼寝は嫌でしょうよ。

幼稚園は教室閉め切らずに開けっ放しだけど、保育園は安全上閉めるのでなおさらです。

 

虫よけスプレーしても水遊びや汗ですぐ流れてしまうし、

本人可愛いと喜んでるし、虫よけリングは今年の夏の上の子のブームで続きそうです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
母となり
タイトルとURLをコピーしました