目黒区の5歳の子の虐待死について、同じ年頃の子を持つ母が思うこと

目黒区で5歳の女の子が虐待死した事件がありましたね。

同じくらいの子供を持つ身としては気になって、事件の経緯が書かれた記事を見ました。>>YAHOO!ニュース

 

また、継父か!

もうさ、いっそのこと継父がいる家庭は全て保護案件にしてしまえ!

と思ってしまうくらい、継父の虐待って多くないですか?

 

今回は最悪の結果になってしまいましたが、継父から性的虐待を受ける子とか多い印象があります。

そうではない、ちゃんと実父のように愛情を注いでいる継父がいることも知っています。

けど、あまりにも継父からの虐待が多すぎて、やるせない。

 

母親も、新しくできた男に嫌われたくない、愛されたい。

だから我が子が虐待されていても知らん顔。容認。むしろ虐待に加勢。

もうさ、いっそ虐待するなら施設などに預けて欲しい。

 

 

5歳って、そんな上手に手紙書けませんよ。

我が子も今5歳ですが、「れ」とか難しいひらがなは「レ」とカタカナでごまかしていますし、

手紙を書いても一文が一行に収まらないし、文字の大きさが大きすぎて入りきらないし、

最後の方は必死こいて収めようとして小さくなりすぎて、1文が3行くらいに飛び飛びに書かれているもんだから読めやしない。

 

5歳の文字書くレベルってしょせんはそんなものですよ。

それなのに、あの手紙の文は、痛ましくて直視できません。

 

 

今回、一番悔しい思いをしているのは香川県で担当していた人や関わってきていた人たちだと思います。

現場は思っていたはずです。

この親子をどうにかしたい。子を保護したい。親子を切り離したい。と。

だけど制度がそれを許さず、見守るしかない。

2回保護されている時に、どれだけ親子をこのまま切り離したいと現場が願ったかはわかりません。

でも、これだけ親身に関わっていたのであれば、当然思っていたでしょう。

 

そして最悪のニュースを聞いて「ほら見たことか。だから言ったのに!」と悔しい思いをしているのでは、と推測します。

 

 

品川区の児童相談所はダメですね。完全なるお役所仕事。

1ヶ月もあれば信頼関係は少しでも築けるでしょう。

扱う件数が香川県とは段違いなのかもしれません。忙しいのはわかります。

だけどさ、親の顔色見てたら虐待されている子を救い出すことはできないのは明白ですよ。

外見ばかり良くって取り繕うのがうまい人だって虐待する親の中にはいるでしょう。

むしろ普通虐待って隠すことだから、強引にでも入っていかないと。

 

5歳の子が1人で出かけているって、ないでしょ。ありえませんよ。

しかも東京に来たばかりでは余計ありえません。異常過ぎます。

それだけでもすでにおかしいのに、なぜ、踏み込まなかったのか。

 

転居で環境が変わるからこそ、さらに介入しないといけなかったはずです。

しかも母親なんて転居先の住所を頑なに言わなかったなんて、最初からヤル気満々じゃないですか。

 

 

だいたい、もうすぐ小学生なら、普通は幼稚園を卒園するまで待ちますよ。

たとえ子供でも子供達の人間関係が出来上がっています。

「一緒に卒業すること」は楽しみなことだと思いますが、なぜ数ヶ月卒園するまで待てないのか。

「(再婚相手が東京に行くのに同行して東京に行くが)期間が短いから保育園や幼稚園に入れるつもりはない。」と母親が言っている時点でもうおかしいですよ。

子供の人間関係をなんだと思っているのかと。

 

 

5歳って、しっかりしているようでやっぱり頼りないです。

最後は16kgから12kgまで体重が落ちていたそうですが、5歳で16kgも小さめですね。

5歳の平均体重は17〜19kgです。

 

 

アメリカのように「子供が1人で過ごすと虐待!逮捕!」まで厳しくしろとは言いませんよ。

だけど、もう少し制度をなんとかして欲しいです。

少子化!とか言うなら、生まれて精一杯生きている命を、どうにか守れないものかと思います。

 

モリトモ問題とか正直どうでも良いので、もっと子供達に未来ある政策をしてくれやしませんかね。

児童相談所を民間委託するとか、もっと専門性の高い機関にして別運用にするとか。

公務員試験を合格したからとて、児童相談所の仕事は素人では無理でしょう。

しかも数年で異動とか、やる気なくてもそりゃそうだとしか言えませんよ。

なんとなく仕事をこなして異動になればあとは知らないで済むんですもの。

 

 

だいたい、カウンセリングが必要だったのは子供じゃなくて親だと思う。

親をカウンセリングして更生の余地なしなら容赦無く子から切り離す制度って、ないものでしょうか。

 

子供って言うこと聞かないし、ちょっとしたことですぐグズグズするし、イライラしますよ。

誰の協力もなく思い詰めてしまってつい虐待に走ってしまう気持ちは、現代の孤独に子育てしているお母さんなら少しは理解できると思うのです。

(虐待を容認しているわけではなく、むしろ親にカウンセリングが欲しい、と言いたいのです。)

 

だけど、男に媚び売って子供を生贄にする母親はいらない。

 

虐待するなら、いらないって言うなら、施設に預ければ良いのに。

なぜそこで最悪の選択をしてしまうのか。

一生、わかりたくない理解できなくていい考えです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
母となり
タイトルとURLをコピーしました