TDLのジップンズームガイドツアーに今更ながらハマってしまった

私はたまーにYouTubeを利用します。

今日たまたまYouTubeで動画を流しながら洗濯物を干そうとして、なんとなくディズニーランドのハプニング動画とか、ディズニーシーのタートルトークの動画とか見始めたのが運の尽き。

 

「チャンネルDvideoZ」のジップンズームガイドツアーが面白い!

 

ジップンズームガイドツアーとは

ハマってしまった「ジップンズームガイドツアー」とは、

東京ディズニーランドで、2016年6月16日〜2018年3月31日まで行われていたアトモスフィアショーの1つです。

 

アトモスフィアショーとは、予告なしに現れて、楽器演奏を披露してくれたりするショーのことです。

ステージではなく路上パフォーマンスなので、すごく近くで見ることができ、ライブ感を楽しむことができます。

 

ジップンズームガイドツアーのメンバーは3人

ジップンズームガイドツアーは、話す人とパフォーマーとバイオリン弾く人の3人で結成されています。

アトラクションやイベント、ディズニーのお話についてなどを、バイオリンの音色とともに、面白く紹介してくれます。

もう、トリオコントとしか思えない。

 

ジップンズームガイドツアーのメンバーの詳細。

「ヒトコト」さんはしゃべり担当。大抵真ん中にいて、マイクと斜めがけのスピーカーを持っています。手に旗を持っていることもある。

「ダイドウ」さんはパフォーマー。パントマイムなどの動きで色々と紹介してくれます。

「オトワ」さんはバイオリン担当。巧みなバイオリン技術で場を盛り上げます。紅一点。

 

中の人は?

ディズニー系統のキャラに中の人はいないと公言されていますが、

ずーっとYouTubeでジップンズームガイドツアーを見続けていたら、あれ?ヒトコトさんもダイドウさんもオトワさんも中の人が違う時がある、ということに気付きました。

当然と言えば当然です。

 

どうやら、各人3人ずつ中の人がいるようです。

ヒトコトさんは、メガネの人と、つり目の人と、顎にほくろのある長身の人の3人。

ダイドウさんは、小柄な人と、長身スリムの人と、体格の良い人の3人。

オトワさんは、ツッコミ系の人と、おとなしい系の人と、髪長くて結んでいる人の3人。

 

個人的には、ヒトコトさんは長身の人が好みですが、つり目の人も面白いですね。

ずーっと見てた動画のダイドウさんが、小柄な人が多かったので目を引きます。

オトワさんは、ツッコミ系の人が好きです。でもオトワさん3人が雰囲気似てるし、YouTube画像だと見分けつかないこともあります。

 

ジップンズームガイドツアーの魅力

ジップンズームガイドツアーの魅力は、オトワさんのバイオリン技術力だと思います!

すっごい上手。即興で弾いたりしても、すごい。

コント?とかのタイミングもバッチリだし、歩きながらバイオリンを抱きかかえつつ弦を跳ねて弾いたりとか。

 

ヒトコトさんの話術も面白いですね。中の人によって個性が違うのもまた面白いです。

ほくろ長身のヒトコトさんが、人前は緊張すると言いつつ出て行く動画が個人的にはツボでした。

 

ダイドウさんは、ひたすら動いてパフォーマンスする人なんですけど、あの小柄な人の動きがすごい。

 

何よりも、他のアトモスフィアショー(マーチングバンドとか)が出てきたら強制終了させられたり、登場してきたのにショーが始まってしまって終了したりと扱いが若干雑な感じが面白い。

内容も、お客さまの持っているものに関する曲を即興で弾くと言いつつ、「大人の事情」で弾けない曲もあると強調するとか、自由度が半端ない。

一度ぜひともライブでお見かけしたかったです。

 

ジップンズームガイドツアーは終了してしまったけれど、再開希望

 

そうか、今年3月末で終わってしまったんですね、ジップンズームガイドツアー。

今年ディズニーランドに行く予定があるので、見れるかな?と思ったのに、残念。

今年は35周年記念だし、ディズニーランドって数年単位の契約だって聞いたことあるし、仕方がないのかもしれません。

 

今日午前中、子供たちと一緒にジップンズームガイドツアーのYouTube動画を見続けてしまって、気付いたらお昼になってしまいました。

午前中、少しは仕事しようと思っていたのに。。。

久しぶりにハマる動画を見つけてしまいました。

しばらくは「DvideoZ」チャンネルのジップンズームガイドツアーを見続けると思われます。

 

ディズニーシーの海賊さんたちの動画も面白かったですよ。

昼のパレードで妖精の緑がしょっちゅう動かなくなっているのを見かけましたが、今年7月中旬にパレードなど新しくなったので、もう大丈夫、かな。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レビュー、感想日常
母となり
タイトルとURLをコピーしました