年長さんの好奇心とプライバシー

今年から年長さんになった上の子の話。

年少さんに比べると、本当に大きくなったなー、と実感。

 

 

上の子には、自分のハサミとスティックのりがあります。

ただし、下の子が1人で扱うにはまだ早いため、

下の子が手にしないように、ディズニーの蓋ができる箱?缶?に入れるようにお願いしている状況。

 

スティックのりは私と共有で使用しているので、

たまにディズニー缶を上の子がいない時に開けてスティックのりを使うことがあります。

 

今回も、必要があってディズニー缶を開けると、

春休みにいとこと購入したイチゴのキーホルダーが入っていました。

「ここに入れてあるんだー。」としか思わなかったのですが、

「このイチゴって、不思議な感触するんだよね。」

と思って触って気がついた。

 

切れてる!

 

このイチゴのキーホルダー、子供の拳くらいの大きさで、

外側がシリコンっぽくて弾力があり、中に透明のビーズがいっぱい入っていて、

握り締めるとかなり変形して、離すと元に戻る、感触が不思議なイチゴなんです。

 

しかし、シリコン部分に小さな切れ目が出来ていて、

握ると中の透明ビーズがこぼれ出てくる、出てくる!

 

最初、何かで切れたのか?と思ったけど、その場に一緒にいた旦那が

「これは故意に切ってるよ。断面が鋭利だもん。」

とのこと。

 

ああ、そうか。

興味本位で切ってみたものの、中身の透明ビーズがわらわら出てきちゃうし、

せっかく買ってもらったものを壊しちゃって、怒られると思って隠してたのか。

 

 

夕方、旦那が上の子に

「ハサミがどっか行っちゃったから、貸して。」

と言うと、

「わかった。でもパパあっち行ってて。渡すから。」

と、断固ディズニー缶の中を見られないように、動揺しつつ抵抗する上の子。

 

もう、これは、故意に切ったの確定です。

明らかなる動揺っぷりに、笑いすら覚えつつも、上の子に「もう知ってるよ。」と伝えました。

 

やっぱり、怒られると思って隠していたとのこと。

可愛いわ。お子さまですねー。

そうそう、私にも旦那にも、怒られると思って隠した覚えがありますよ。

 

 

今回、何が嬉しかったかと言うと、上の子の好奇心、です。

物の構造を見て、不思議に思い、確かめたいと実行する。

そう言う好奇心が出てきたことが、素直に嬉しかった。

 

なので、今回は、怒らずに不問としました。

そして、その好奇心はとても良いことだけど、2度と購入できないものもあるので、

中身が知りたいときなどは、まずは親に分解したりして良いか確認するよう約束。

 

「ママもボールペンとか授業中に分解して、戻らなくて焦ったりしたよ。」

とか話していると、話の流れで時計の中身が知りたい!となり、

今度のお休みは、実際に時計の中身を分解することになりそうです。

 

 

そういえば、他の男の子で分解魔の子がいて、時計でもなんでも家電を分解されて困っています、

って投稿を見たことがあります。

頭が良くて、やっぱり理系の道を歩んだそうですが、親としては大変ですよね。

 

今回、新たなる上の子の好奇心と、

ああ、もうこのディズニー缶は上の子のプライベートスペースなんだな、と言うことを実感。

子供の成長は、本当早いですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常育児
母となり
タイトルとURLをコピーしました